寝溜めする男性は要注意!○○のリスクが上がる!

ダイエット

会社や学校、社会の中で生きていると朝が弱くても何とか起きて、準備をしてから出発して…と、起床時間のリズムが決められています。

しかし、休みの日は自分の好きな時間まで寝ていることが出来ます。

いつも通りに起きますか?それとも、いつもより多く寝ますか?

あっちゃん
あっちゃん

ヨカちゃーん!朝だぞー!

コチョコチョコチョ!

ヨカちゃん
ヨカちゃん

うひゃっ!?今日は休みなんだって!怒るよ!?

おねえさん
おねえさん

まぁまぁ。

今回は珍しく、あっちゃんの方が正しい事をやっているわ!

スポンサーリンク

寝だめすると社会的時差ボケになる

休日明けに身体がだるい、ぼんやりする、昼間の眠気が強いという方は

社会的時差ボケになっているかもしれません。

平日は会社や学校にあわせて就寝時間と起床時間がある程度決まっていても、休日で寝だめしてしまう事で環境にあわせていた体内時計がリセットされてしまいます。

一度リセットされると、平日の初めに再度、身体が体内時計を環境にあわせ直します。その期間に、だるさ、ぼんやり、強い眠気が出てきます。

社会的時差ボケは休日の寝だめで体内時計がリセットされることが原因で起こります

男性要注意!寝だめは過食の要因になる

寝だめをすると、上記したように体内時計のバランスも崩れます。

そうなると、身体は身体の状態を一定に保とうとしてホルモンの分泌量を変えます。

その結果、筋肉と肝臓に対するインスリンの感度が高まります。インスリンには血糖値を下げる効果があります。そして、人は血糖値が上がると満腹に感じ、血糖値が下がると空腹を感じます。

その為、インスリンの感度が上がると食後の血糖値が下がりやすくなり、なかなか満腹感を得れなくなります。この働きには筋肉と肝臓が影響しています。男性は女性に比べ、筋肉量が多く、肝臓も200gほど大きい為、この影響を受けやすいようです。

睡眠医学会の研究では、寝だめをする男性は夕食後の軽食の量が増え、10日間で体重が3%増加したと報告していました。

70㎏の人だと10日で2.1㎏太る計算です。考えると怖いですね…。

あっちゃん
あっちゃん

そういえばヨカちゃん、最近、おやつばっかり食べてるね…。

(ぶにっ…)

ヨカちゃん
ヨカちゃん

きゃっ!!

寝だめの原因

では、なぜ寝だめしてしまうのでしょうか。それは、平日の睡眠時間が足りておらず寝不足の状態が続いていることが考えられます。

日々の生活で何かしないといけないことがあると、一番最初に睡眠時間を削る方が多いと思います。夜は課題や仕事、趣味活動で眠れないし、朝は早くに出発しないと間に合わない。

日々の睡眠不足が蓄積することで休日にドッと溜まった疲れや眠気を解消しようと寝だめに繋がります。

対策方法

平日の睡眠時間と休日の睡眠時間の差は2時間未満に抑えるようにする。

難しい場合は仮眠をとるのが良いそうです。

昼休みなどの休憩時間に15分程度でも仮眠するだけで効果があるそうです。

ヨカちゃん
ヨカちゃん

職場で寝るのは気が引けるな…

おねえさん
おねえさん

布団をひいて、ぐうぐう寝なくても大丈夫よ。

椅子に座って寝ても効果ありだから。

ヨカちゃん
ヨカちゃん

それだったら、自分のデスクで出来るし、週明けから早速やってみるよ。

おねえさん
おねえさん

そうね、睡眠は大切よ。

(ヨカちゃん働いてたんだ…。意外だわ…。)

閲覧有難う御座いました。

タイトルとURLをコピーしました