didoスマートウォッチの性能検証!高性能でオススメ!

スポンサーリンク
ダイエット

AppleWatchが発売されてから、その人気に合わせて類似製品が次々と発売されています。

値段もピンキリで3000円~10万円まで。高ければ良い品なのかと悩みますが…。

今回はそんな数多くある製品の中から

didoのスマートウォッチを購入し機能の検証使用した感想をまとめました!

ブランドは気にしないけど性能は高いものが良いと言う方にオススメです

今回、検証したdidoスマートウォッチ☟

4999円でした。

   

【最新版】スマートウォッチiPhone/iOS/Android対応 日本語アプリ/ガイド (黒)

       

スポンサーリンク

didoスマートウォッチの性能を検証してみた

今回、検証に使用したのは以下の通りです。

●テルモの手動血圧計
●パルスオキシメーター
→血圧、心拍数
→SPO2(血管内の酸素濃度)
●スマホのGPS機能付きアプリ
【ランタスティック】
→ランニングの走行距離測定

どの程度、正確な測定機能があるのか比較してみました

結論から言うと

  • 手動血圧計やパルスオキシメーターと同等の測定機能
  • GPS機能付きランニングアプリと同等の距離測定機能

がありました。

他の特化した商品と同等の測定機能があったことが一番のオススメです

     

手動血圧計やパルスオキシメーターと同等の測定機能

血圧計やパルスオキシメーター(血管内の酸素濃度を測る)機能は多くのスマートウォッチについている機能ですが、

正直、最初は加圧もしないでどうやって血圧が分かるんだろう?と半信半疑でした。

職業柄、仕事で手動の血圧計やサーチを使っているのでコッソリ測ってみたところ結果はほぼ同じでした。血圧は5回測定しましたが差は3~5で1桁レベルで差がある程度でした。

職場で使用している血圧計は

テルモ電子血圧計H56D エレマーノ2(HRジョイント対応)

病院が購入してくれた物ですが1万円超えだったようです…。自分では絶対買わん

血圧計を買うと安いものでも3000円以上はするので、個人で血圧計を買うならスマートウォッチを買う方が断然お得です。

    

ランニング距離の測定がGPS付きアプリと同等の性能

ランナー達の愛用アプリ、ランタスティック(現在はアディダスランニング)はGPS機能で走行距離を出します。私もランタスティックを愛用していたので、didoスマートウォッチと併用して距離を見てみたところ、その差はわずか50mでした。

さらに驚きだったのが、スマートウォッチは休憩時間に自動で停止、再開してくれます

下の表は同じタイミングで使用したのですが、スマートウォッチは止まった時に計測を止め、走り出しと同時に再会しています。休息したのが時間と共に丸わかりです。

☝スマホアプリ「ランタスティック」より
☝「didoスマートウォッチ」より
この時、数人で走っており5㎞地点で先に進むか否かで話し合いをして止まってました(笑)
スマートウォッチで丸わかりですね。

       

正直、スマホアプリは起動中にGPS機能を利用する為か電池の消費が激しく、ハーフ(約21㎞)走るとその後にスマホが使えなくなると言う致命的な欠点がありました。(私のスマホが古い影響もあると思いますが…。)

1㎞何分かの測定はしてくれませんが時間が残る為、後で計算することが出来ます。

  

使用した感想

いくら性能が良くても使い心地が悪く、付けてられないような物では意味がありません。

1日中付けて生活した時にストレスは無いかを見てみました。

結果は普段つけている大きな文字盤時計より使い勝手が良く入浴時間以外はずっとつけていてもストレスがありません

     

手を動かしても邪魔にならない形状と防水機能

文字盤が丸や四角の形状のスマートウォッチもありますが、仕事でよく手を使うため大きな文字盤は正直、邪魔になります。

生活の中でも手首を曲げることは多いです。例えばパソコンを打つ時、手首を軽く曲げて打ちますがその時、大きな文字盤だと手首に食い込むのが嫌で時計を外していました。しかし、このブレスレットタイプでは手首に食い込みません。

防水機能も良く、仕事で患者さん毎に手を洗い1日に最低10回以上は手洗いをしていますが問題なく使用できています。お風呂の時以外は常に付けた状態ですがストレスなく使用できます

オシャレより機能を選ぶなら文字盤の無いブレスレット型がオススメです。

    

困った点と改善方法

最初に使用して困った点とその改善方法についてです。

    

アプリの連動が上手くいかない時はスマホを再起動する

どのスマートウォッチでもスマホアプリと連動させデータをとりますが、その際に困った点です。

didoでは最初にGloryFitと言うアプリをダウンロードして、その後Bluetoothでアプリとスマートウォッチを連動させます。

しかし、この時、上手く連動出来ない時があります。主な原因は他の機器とスマホが連動しているとのことですが、そうでない場合はスマホを再起動させると改善しました。

   

充電できない時は接続する側を間違えていないか確認する

スマートウォッチのバンドは両方取り外し可能です。最初、私はそのことを知らず、充電できない方を差し込みしてずっと待っていました…。

充電が上手くいくとバイブが鳴り、ディスプレイに充電マークが表示されます。

そんな奴いるのか?と思う人もいるかもしれませんが、いたので念のため書いておきます。

     

まとめ

  • 手動血圧計やパルスオキシメーターとほぼ同等の測定機能がある
  • ランニング距離の測定機能もGPS付きアプリと同等の測定機能がある
  • 健康状態の確認やランナー、ダイエッターにオススメしたい
  • 日常生活でも支障のないデザインと防水機能
  • アプリと連動が上手くいかない時は一度スマホを再起動

    

時計も買って、血圧計も買って…とするならスマートウォッチ1つで十分。

5000円でも高性能なので、高いものにしようか悩んでいる方、ランナーの方、健康管理をしたい方にオススメしたい一品です。

今回紹介した機能以外にも睡眠の質や体脂肪率、骨密度などを知ることも出来ます。

【最新版】スマートウォッチiPhone/iOS/Android対応 日本語アプリ
もじゃさん
もじゃさん

閲覧有難う御座いました。

この他にもランニングや健康、ダイエットについての記事があります。

ゆっくり見て行って下さい♪

タイトルとURLをコピーしました