引越で物を処分する方法&生活に不要だった物3選

スポンサーリンク
生活・ブログ

将来、引越の予定がある方やミニマリストほどでは無いけれどシンプルライフに憧れている方に向けた内容です。

処分に手間がかかり尚且つ無くても困らない物を引越の体験からまとめました。

        

スポンサーリンク

処分が大変な物の特徴3つ

いざ引越!と、なった時に処分に困ったものの特徴3つです。

指定ゴミ袋に入らない大きな物

指定ゴミ袋のサイズに収まらない物は粗大ゴミ扱いになります。粗大ゴミは地域によっては役所に連絡をしてタグを貰い、それを粗大ゴミに貼りつけて指定された日にちと時間に合わせて自分で指定場所まで運ばなければなりません。それ以外の処分方法では業者に頼んで引き取って貰うしかありません。値段は同じ地域内でも差があり電話で見積もりを立てて貰った方が良いです。業者に頼むと粗大ゴミで出すよりも数倍~十倍の費用が掛かります

     

古い電化製品

電化製品は製造から10年以上経過しているとリサイクルショップでの引き取りはほぼ断られてしまいます。買い替えであれば電気屋で無料で引き取って貰える場合があります。引越の時期と買い替えが被らないようにしないと出費がかさみます。

     

個人情報を含む書類

日頃から用事が済んだらシュレッダーかハサミを入れて処分していかないと引越の時に大変なことになります。一手間ですが、書類は刻んで捨てた方が良いです。昔、同じ地区に住む人が手紙をそのまま生ゴミと一緒に捨ていたようで、カラスに漁られ住所と名前が路上に晒されていました。そこから個人情報が抜き取られる可能性があると考えるとゾッとします。

    

もじゃさん
もじゃさん

リサイクルショップでの電化製品引き取りが製造から10年未満と制限があることを今回はじめて知りました。そして、手紙も立派な個人情報です。日々溜まっていく物を定期的に処分しないと大変なことになると痛感しました…。

         

捨てても困らなかった物3選

引越を機会に捨て、尚且つ無くても困らずに生活が出来ているものを紹介します。処分に困らない代用品も紹介します。

ベッド

木製ベッドを持っていましたがマットをとるとほんのり黒ずみが…?実はこれ黒カビです!マットをあまり動かさなかったことや湿度の高い家だったことが原因と思いますが、今まで黒カビを吸っていたと思うと…。

引越後に気付いた為、後から泣く泣く業者へ連絡しました。数件電話で見積り確認した所、処分費用は7000円~10000円程度でした。

足腰が弱い場合は起き上がりや寝具から立ち上がる時に負担を掛けないベッドをオススメします。そうでない場合は干したり畳んだり出来て管理がしやすい布団の方がオススメです。

    

カーペット

大きければ大きいほど洗濯したり干したりと管理が大変で、衛生面でもあまり良い状態では無かったです。

カーペットも大きさによりますが指定のゴミ袋に入らなければ粗大ゴミです。こちらも粗大ゴミに出すか、業者に頼むしかありません。地域によりますが、粗大ゴミだと処分費用は1000円程度でした。

代用品は、洗濯や将来の処分も簡単な座布団をオススメします。

     

掃除機

掃除機を処分する場合、近くの電気屋で引きとっともらう、粗大ゴミに出す、業者に頼むのいずれかになります。どれもお金をとられ、業者に頼む以外は自分で目的地まで運びます。

電気屋での引き取り金額は場所にもよりますが、持ち込み+500円程度でした。

電化製品としての寿命、処分時の費用と労力を考えると部屋数が多い家に引っ越さない限りもう掃除機は買いません。

フローリングの家であれば掃除機よりもホコリが飛び散らず騒音もしないクイックルワイパーをオススメします。一部マット素材でもコロコロで十分です。

      

もじゃさん
もじゃさん

今後は、買い物の前に処分費用や方法まで考えていこうと思いました。

    

まとめ

今まで買い物をする時は、目先にある便利さや、物を所有することへの満足感だけを考えていました。

しかし、引越を通して処分する時の費用や労力が意外と大きいことに気付き、今後は物を買う前に本当に必要か、代用品は無いかも考えてからにしようと思いました。

目先のことだけでなく自分の将来も考えて不要な物で身の回りを埋めてしまわないようにしたいです。

もじゃさん
もじゃさん

昔、『物を所持すると言うことは管理と処分を含めた責任を持つことだ』と言う内容の話を聞いたことがありましたが、今回、正にその体験をしました。自分の未来のライフスタイルを考えて物を増やすか減らすかを吟味して行きたいと思います。

        

関連記事

引っ越しは時期によって値段が変わります。時期によっては4~5万円損してしまうかも?

引っ越しを考えている方はこちらの記事もどうぞ👇️

       

         

閲覧有り難う御座いました。

タイトルとURLをコピーしました