ジョギングやマラソンの効果とは?実際に体験した結果!

ダイエット

走るとダイエットはもちろん、様々な良い効果があると言われています。

が、結局のところジョギングやマラソンの効果ってなんだ?と思う方々に、今回は、
『実際に体験した結果』
をまとめてみました。

         

スポンサーリンク

心肺機能が上がり疲れにくくなった

マラソンをする前は、安静時も脈拍数が90以上ありました。階段を上るだけでハァハァ。ストレスを感じるとバクバク。心身共に疲れやすかったです。
今は脈拍数は70~80台です。階段も楽々、ストレスも心臓が冷静だと不思議と落ち着きます

筋肉がついた

『マラソンをすると筋肉がなくなる!』と言う意見は、日頃から筋トレで鍛えている男性や、魅せる筋肉をつけている方々限定です。
日頃、動いていない人だと一定量まで筋肉はつきます。マラソンは有酸素運動なので筋肥大の効果は見込めませんが、脂肪燃焼が出来ます。
引き締まった身体になるので、男性だけでなく女性にもオススメします。

生理痛が軽減した

毎月、薬を飲まないと1日起きれない程の痛みがあったのが嘘のように軽減しました。骨盤周囲の血行が良くなることで生理痛が軽減するそうですが、マラソンのお陰で血行が良くなったんだと思います。

走ると気分転換、ストレス発散になる

一定の呼吸ペースとリズミカルな運動の繰り返しは自律神経を整えると言われていますが、正しくその通りでした。
仕事でモヤモヤすることがあっても、早く仕事を終わらせて走り出すと、徐々に胸がスーッとするのがわかりました。そして、冷静になり『次はこうしよう!』とアイデアが浮かんだり、切り替えができたりします。

時間配分が上手くなった

練習時間を作る為に、仕事を早く効率的に仕上げようと意識します。試行錯誤を繰り返していると徐々に時間配分のコツを掴みます。今までと同じ時間を費やしても、出来ることが増えました。

人間関係の断捨離が出来るようになった

時間配分の延長です。限られた時間で、気の合わない人達とプライベートまで一緒に過ごすことに意味はありませんでした。今まで”何となく””我慢”して一緒にいましたが、目標が出来ると何が大切かがわかり、断る勇気が出ました。
目標がある時、人は強くなれます

同じ趣味の人からの印象が良くなる

人は、自分にとって価値のあるものは、実際よりも高く評価します。私は転職時、履歴書に趣味はマラソンと記載していました。面接官もマラソンが趣味だったらしく、話題に出ました。勿論、それだけでは無いと思いますが転職は上手くいきました。就職後も部署は違いますが、声を掛けてくれます。

まとめ

こうやって列挙していくと、直接的な効果と、間接的な効果があることがわかりました。身体を動かす中で精神的にも強くなれたと思います。

今年で、マラソンを続けて4年になります。
20代半ば頃より、現在の方が心身共に健康だと言い切れます。『健全なる精神は健全なる身体に宿る』と言いますが、得意な方から攻めていくと言うのも手かも知れないですね。

閲覧有り難う御座いました。
引き続き読んで頂けたら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました