運命と闘え!切実・遺伝子検査をした話!

スポンサーリンク
コンプレックス

自分がどんな人間なのか気になったことはありませんか?私は、切実に気になっていました。

スポンサーリンク

遺伝子検査を選んだ理由

私は神様や占いは信じていません。 自分の行動が未来に繋がっていると信じています。

遺伝子は変異の有無により、体内で生成されるホルモンのバランス等に違いがでます。それが考え方や見た目の個性になります。

遺伝子検査は、その違いを統計学上の結果からの考察で、傾向を知ることが出来ます。普段、何気なくしている自分の選択も何か傾向があるかもしれない。自分を知る要素の1つとして遺伝子検査は意味があると思い選びました。

     

遺伝子検査を受ける覚悟

遺伝子検査の結果から思考パターンの傾向を知れば、今まで無意識下だった行動に気づき修正ができる。両親のようにアル中だったり、感情の起伏が激しい遺伝子を持っていたら駄目だ、ではなく、傾向に合わせて自身をコントロールすれば良い。そうすれば、遺伝子検査は自己投資になる。そう決めました。

       

実際に受けた遺伝子検査3種類

実際に受けた遺伝子検査3種類です。
各々の内容は記事にして更新しますので、また見て頂けたら嬉しいです。

肥満に関する遺伝子検査

肥満に関する遺伝子5種類を調べる遺伝子検査をしました。
代謝量や摂食行動に影響のある遺伝子の変異の有無を知り、各々の特徴を知ってダイエット方法を工夫しました。

病気のリスクに関する遺伝子検査

アラサーになり、保険に入ろうかな。一人で生きる為に健康寿命を延ばしたいな。と思い受けました。リスクの傾向を知り、対策を考えました。

※記事作成中。完成次第、リンクを貼ります。

性格や能力に関する遺伝子検査

俗に言う「毒親」「機能不全家族」である両親の遺伝子を受け継いでいる恐怖。一番覚悟がいる遺伝子検査でした。検査を受ける前から自分自身に言い聞かせていました。
全部、何かのせいにしてしまえば凄く楽。でも、これは自分自身の人生。逃げられないし、逃げたくない!
結果がどうあれ、1つの要素として受け入れ、活かす方法をみつけてやる!と決心してから受けました。

タイトルとURLをコピーしました