体験レポ:ふるさと納税とiDeCoを併用する時の注意点

スポンサーリンク
生活・ブログ

節税初心者の私が「ふるさと納税」と「iDeCo(以下イデコ)」を併用ではじめた体験談まとめです。今回は始める前の事前知識のまとめです。

私は元々イデコをしており、そこから追加でふるさと納税をすることにしました。正直、ふるさと納税は「2000円で商品が~」と良いところばかりのゴリ押し説明で詳細が分からず、怪しいと思っていたのでシステムや注意点から調べました

今回はふるさと納税とは何かふるさと納税とイデコの併用する方法と注意点をまとめました。

ふるさと納税でお得なサイトは?についてはコチラ👇️

404 NOT FOUND | ドンマイ・ライフ
好きなこと、役立つことを発信中

これから始める方に向けた内容ですが、既に始めている方にも役立つ内容になっています。

      

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

ふるさと納税は自分の好きな地域に寄付をし、税額控所で節税しつつ特産品を貰える制度です。

得とばかり思いがちなふるさと納税ですが、知らないと2000円以上支払っている可能性があります。

   

ふるさと納税をすると現金がそのまま戻ってくるのか?

控除にはいくつか種類がありますが、ふるさと納税では、その中の「住民税」もしくは「住民税と所得税」から控除して貰います。

控除で現金がそのまま返ってくるわけではなく、来年度の住民税が安くなる、所得税として一部還付されるようになっています

     

ふるさと納税の注意点

寄附金をどの程度にすれば良いかわからない初心者に向けて、殆どの企業がシュミレーションを行ってくれていますが、実は、ここが落とし穴。

このシュミレーションでは保険料など、その他の控除を含んでいないことも。また、この後紹介するイデコと併用した場合は所得控除が下がり、限度額も下がります。

それを知らずに限度額MAXで寄附してしまうと、足が出た分は自己負担になる為2000円以上支払っている可能性があります

しかも、この過払いをお知らせしてくれる…なんて言うシステムは無く、過払いしているか自身で確認しなければ気付きすらしません

お礼品があることや寄附であることを考えると損得を言うのは野暮かもしれませんが、「2000円でお得に!」を考えている方には知っておいて欲しい情報です。

最初は源泉徴収で過去の控所を確認して予測を立てるか、シュミレーション限度額MAXは寄附しない方が良いと思います。

     

確定申告とワンストップ特例の差とは?

ふるさと納税には「確定申告」と「ワンストップ特例」がありこの申請をしなければ節税出来ません。どちらでも原則として差額は出ないようになっています。

確定申告をする場合

会社員で確定申告を行っていない人でも寄附団体が6団体以上の場合は確定申告が必要になります。

寄附を行いお礼の品を受け取ると書類(寄附金受領証明書)が届くので確定申告時に提出します。※書類が届くタイミングは各自治体によって異なるようです。

    

ワンストップ特例が適応される人

確定申告が不要寄附が5団体以内の場合が適応となります。

寄付した翌年の1月10日までに必要書類を提出します。これに間に合わなかった場合も確定申告に行くことになります

    

職場の年末調整に書類提出はいるのか?

ふるさと納税は12月31日を超えないと1年間の総額を確定することができない為、年末調整をしても意味がないため必要ありません

自分で確定申告をするのが手間だと感じる方はワンステップ特例がオススメです。

ワンストップ特例は自治団体へ指定された書類を提出すれば完了します。ふるさと納税をする時に『ワンステップ特例を希望する』を選択すると1週間ほどで書類が届くので、必要な書類(ワンステップ特例に関する書類・身分証明が出来るもののコピー)を同封された封筒に入れてポストに投函すれば完了します。

    

ふるさと納税とiDeCoの併用方法と注意点

ふるさと納税、イデコを運営している企業に登録します。

auなど一部の企業はどちらも運営していますが、別々の企業に登録しても問題はありません。

しかし、控除の面では注意点が幾つかあるのでまとめました。

     

併用時の注意点

イデコの積み立て分は所得控所になります

課税所得が減ることで住民税や所得税を減らせることができます。

そして、ふるさと納税の控除はその住民税と所得税からになります。

イデコで節税をした結果、ふるさと納税での限度額が下がることになるのです。

   

ふるさと納税とイデコを併用すると損をする?

結論から言うと損はしません

ふるさと納税の限度額が下がるため、お礼品の幅が狭まるかもしれませんが、所得税や住民税が減らせるメリットの方が大きいです。

    

結果的にふるさと納税とiDeCo併用でもお得

所得税や住民税を抑えるイデコで将来の積み立てをしつつ、現在の自分にはふるさと納税でご褒美。

イデコと併用することで寄附金の限度は下がりますが、5000円10000円でも中々に良い商品を貰う事ができます。何より、所得税や住民税そのものを抑えればその分、お礼品の枠に捕われずに好きなことにお金を遣えます。

上限額だけ超えないように注意すれば(超えたとしても結果的にはしないより得ですが)とても良い節約術です。

皆さんもふるさと納税とイデコを併用で節税してみませんか?

  

まとめ

  • ふるさと納税は、現金がそのまま返ってくるのではなく来年度の住民税が安くなる、一部の所得税が還付されるもの。
  • 限度額MAX寄付すると予期せぬ事態で足が出て2000円以上支払う事がある。
  • イデコを併用するとふるさと納税の寄附限度額は下がるが寧ろ得する。
  • ふるさと納税とイデコを併用し、現在のご褒美と未来の貯蓄で節税しよう!

       

もじゃさん
もじゃさん

閲覧有難う御座いました。

この他にもお金に関する記事を書いていますので、良ければゆっくり見て行って下さい♪

タイトルとURLをコピーしました