初心者が独学で6カ月ブログを続けたPV数と学んだこと

仕事

全く何も知らない初心者がブログを半年間独学したらどこまでたどり着くのか?

を体験談から答えます。

私は、最初ドメインやサーバーの意味もわからず、HTMLを消してブログを削除するところからスタートしました。

そんな私が6カ月間独学でブログを続けた結果と、そこで学んだことをまとめました

月1万PV以上を目指したい方初心者ブロガーさんこれからブログを始める方に向けた内容です。

   

スポンサーリンク

6カ月目の結果

PVやPVを増やす指標になるクリック率、直帰率、滞在時間についての結果公開です。

6ヶ月目の月PVは?

6か月目で月19000PVまで見て頂けるようになりました。だいたい1日に600PVになります。

これからも皆さんに見て頂けるような記事を書けるよう精進します!

      

クリック率と平均掲載順位

平均掲載順位は他のサイトも含めたネット上でのキーワード検索で何番目に表示されるかの順位です。例えばGoogleで「ブログ」でキーワード検索しても上位に表示される記事とされない記事があります。順位が上になれば目に止めて貰える確率が上がります。

クリック率は上記の検索された結果に表示されたとして、そこから何%の人がクリックしてくれたかの数値です。

考察は後で書きます。結果は表の通りでした。

   

直帰率と滞在時間

はじめは平均セッション継続時間が0秒でショックを受けた日もありました。

しかし、これは1枚目のページを見た時間は含まれず、クリックされて別のページに移行してからが計測開始になります。その為、継続時間0秒でも閲覧すらされていないと言うわけではありません。また、30分以上時間が経過した場合も測定時間に含まれなくなります。

最初は直帰率を下げることを考え関連記事の充実を目指すのが良いことがわかりました。

       

6ヶ月間で学んだこと

私が6ヶ月で一番学んだのは

データ分析の重要性でした。

データは無料のアナリティクスとサーチコンソールで確認しています。

重要なポイントを順番に記載します。

    

人気記事を把握するところがスタート

自分の人気記事がわからない時はまだまだ記事数、もしくは運営時間が足りていない状態です。Googleが掲載してくれるまでには基本的には3~6カ月期間が必要です。 (一部のラッキーガールorボーイはGoogleハネムーンに当たり期間に関係なくバズを起こせるようです。しかし、期待せずに地道な積み重ねが大切だと思います。) 複数ブログ運営者の方がアドセンスだけ合格したら暫くブログを寝かすと言う呟きをしていました。

話を戻して…

一番閲覧数の多い人気記事が把握できれば、最初は人気記事の強化が基本になります。

ここでの強化は人気記事そのものだけでなく関連記事の追加も含まれます。人気記事から関連のあるオススメ記事を紹介しセッションを上げます

記事が充実した後はGoogleの掲載順位を上げクリック率を上げるためにタイトルH2見出しの見直しです。タイトルが分かりやすい、面白いものだとクリック率は上がります。

私自身の今後の課題

タイトルを誰に見て欲しいかを考え、タイトルに専門用語レベルの単語を入れるなら単語の説明はせず、より掘り下げた内容を書く。逆に日常会話で使う単語からオススメの専門知識へ繋げたい場合、話の道筋を飛ばすと読み手は訳が分からず、つまらないと帰ってしまいます。

本当に難しいです。未だにリライトと削除をしまくってます…。

ただ、データを見ていれば未知の誰かではなく、目の前に居る読者へ向けた記事を書けるのでブレや迷いは少しずつ減ってきます。有料のnoteやサロンに行くより、読者が一番のブログパートナーであると考えています。

     

需要がない記事はタイトルから見直す

タイトルにキーワードを入れるなど基本的な所を押さえたつもりでも需要の無い記事は改めて読みなおすと繋がりが悪かったり、読みたくなる題名でないことが沢山あります。

時間を置いて読み直し、リライトやリンクの見直しをするようにしています。

    

改善の余地がない記事は消してGoogle掲載順位を上げる

記事を書いている時は常に全力です。消すのは辛かったです。が、時間を置き冷静になって見ると内容の浅さ、結論の無さが需要の無さになっていたと気付かされた記事がありました。

記事全体の構成や内容がイマイチで改善の余地がなかった場合、ブログ全体の質(掲載順位など)を維持・向上させるため残念ですが削除しました。

ただし、これは毎日更新をしているブロガーさんにはオススメ出来ません

毎日更新の素晴らしいところは努力を数という形に残すところにあると思います。読者もまたその形を楽しみにしていると思います(私がそういう読者なので他にもいると思います)。なので削除せずにnoindexにして順位を下げないようにするのがオススメです。

    

ブログは量か質かの答えは…続けたいならどちらも必要

ここでの質はアナリティクス上の数値
(セッション数が多く滞在時間が長い、
直帰率が低い等)を重視した運営。
量は更新頻度を重視した運営として
書いています。

結論から言うと、当たり前ですがどちらも重要です。そして、どちらから始めても最終的にどちらも出来なければ収益には繋がらないです。

最初の数カ月はそれが出来ないので「量か質か」の議論がなくならないのだと思います。

ここではそれぞれのメリットデメリットをまとめました。どちらで始めるかは、自分の性格や価値観で決めると良いと思います。自分の性格や価値観の見つけ方については☞こちら

私はどちらかと言えば最初に質を考えた運営をしているつもりで、量はやや少ないです(6カ月目ジャストの時は70記事を前後していました)。量に関してはTwitterで毎日更新のブロガーさん達をこっそり見ながら分析した結果です。

     

量で攻めるブログのメリット・デメリット

毎日更新のブロガーさんは日数を重ねるごとにレア度が増します。3ケタ毎日更新レベルだと、お目にかかるのも難しいですが一定数おられます。ここは毎日更新ブロガーさんのブログや呟きを元にまとめました。

メリット

  • SNSで更新の度に宣伝することで周囲の目に止まりやすく認知してもらいやすい
  • Googleの影響に関わらずSNSでファンがいる場合は一定数PV維持が出来る
  • 更新頻度が高いことでcrawlerが直ぐに来てくれる(Googleにも認知されやすい)

デメリット

  • 1カ月に1度もアクセスがない記事が半数以上あるなど記事にムラが出やすい
  • 上記の結果よりブログ全体のGoogle掲載順位が下がる?(仮説の域です)

オススメ戦略

  • 必ずSNSにはブログのリンクを貼る
  • ブログ更新後は必ずSNSで報告する。毎日更新などは日にちを入れる
  • フォロワーを大切にする(いいねやコメント等をマメにする)

   

質で攻めるブログのメリット・デメリット

無料のアナリティクスとサーチコンソールさえあればブログの動向を客観的な数値で把握できます。

organic検索での流入がメインなのでGoogleの掲載順位や表示回数も大切です。順位を上げる、もしくはキープする為に定期的なリライトや削除が必要です。自分のブログの人気記事やセッション数から読者の需要を予測します。

メリット

  • 読者の動向を把握できるので次のネタを考えやすい(読者の興味・関心が分かる)
  • 1つ1つの記事が把握でき、内部リンクやリライトで強化しやすい

デメリット

  • データを出すには一定の数字が必要でGoogleから認知されにくい3~6カ月間までは無意味
  • 記事数が無ければ内部リンクも出来ない為、最低限の記事数はやはり必須

オススメ戦略

  • サーチコンソールは早めに設定し3カ月目以降は毎日チェック
  • 記事の管理がしやすいようにパーマリンクは英語にする(SEO対策にもなる)
  • 人気のない記事はタイトルから見直すか消してGoogle掲載順位を上げる
  • 人気の記事から内部リンクを貼ってセッション数や滞在時間を延ばす
  • フォロワーがいなくても♯を付けてSNSで報告。Twitterのドメインパワーは100%

     

まとめ

どんな方法であっても行動の継続必須

記事を書くのも、データ分析するのも継続して運営をしなければ意味がありません。

行動に対して効果が少なく感じられても、比べるのは他人ではなく常に過去の自分。

誰からも見られずPV1桁だった頃を思うと大進歩です。数カ月未来の自分がさらに成長を感じられるよう、今後もブログを楽しく続けて行きます。

    

もじゃさん
もじゃさん

閲覧有難う御座いました。

ブロガーさんはお互いにブログ運営頑張りましょう!

そうでない方も、ここまで読んで頂き有難う御座いました。

また、遊びに来てください♪

タイトルとURLをコピーしました